amazon


特別な約束 第一話です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
楽天

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




こんにちは!夢塚小町です。

今回は記念すべき第一回です!ではどうぞ!

~特別な約束~

香恋、月夜がまだ幼いころ・・・

香恋「ねえ、月夜」

月夜「なあに?」

香恋「私の事、守ってくれる?」

月夜「うん!もちろんだよ!」

香恋「大きくなっても?」

月夜「うん!大きくなってもずっと守ってあげる!」

香恋「ありがとう」

それから数年後・・・。

香恋と月夜は小学五年生になっていた。

月夜「香恋」

香恋「なあに?」

月夜「林間、班決まってる?」

香恋「ううん、まだだよ」

月夜「じゃあ一緒になろ?」

香恋「うん!ありがとう」

二人はとても綺麗に育っていた。

香恋「月夜、ちょっと」

月夜「うん」

香恋「あの、私の能力覚えてる?」

月夜「うん。「すべての能力を使う能力」でしょ?」

香恋「うん。お母さんがなんか私のことについて月夜に言いたいことがあるんだって」

月夜「分かった。帰りに寄るね」

香恋「うん」

~放課後~

香恋の母「いらっしゃい、月夜ちゃん」

月夜「こんにちは。」

香恋の母「香恋から聞いてると思うけど・・・」

月夜「はい、聞いています。」

香恋の母「どうぞ入って」

月夜「おじゃまします」

香恋「お母さん」

香恋の母「あなたは部屋へ」

香恋「はい・・・」

パタン

香恋の母「じゃあ話すわね」

月夜「はい」

香恋の母「この事を聞いても香恋と友達でいてくれる?」

月夜「はい。もちろんです!香恋にはずっと守るって約束しましたから・・・」

香恋の母「そう・・・。ありがとうね。あのね・・・」

続く

スポンサーリンク
336×280 レクタングル(大)




336×280 レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。